Skip to the content.

> Top > その他 > URL変換について

URL変換について

URL変換

書き込みされたURLと実際に表示する画像のURLが異なる場合に、 URLを正規表現で変換することで直接画像にアクセスできる。 また、リファラを送信したり、拡張子のないURLを強制的に画像と認識させることができる。

設定ファイル

URL変換機能を使う場合は、キャッシュディレクトリの「urlreplace.conf」ファイルに設定する。 設定ファイルを変更したあとは、一度JDimを再起動することで設定内容が有効になる。

youtubeのサムネイルをインライン画像として表示するための変換が、デフォルトで設定される。 なお、設定内容をリセットしたい場合は、「urlreplace.conf」ファイルを削除してからJDimを起動すると、 ファイルが自動で再作成される。

設定ファイルの書式

正規表現<タブ>変換後URL<タブ>リファラURL<タブ>制御文字

制御ファイルに指定した、正規表現はファイルの先頭から順に評価される。 また、リファラURLおよび制御文字は、変換した後のURLが、正規表現に一致したときに有効になる。

変換後URLおよびリファラURL

正規表現に一致した文字列をもとに、以下の置換文字を使用できる。

置換文字 内容
\0 または $0 正規表現にマッチした文字列
\1\9 または $1$9 正規表現で「(…)」にマッチした部分文字列

制御文字

$IMAGE
拡張子がない場合でも画像として扱う。
$BROWSER
拡張子があっても画像として扱わない。
$GENUINE
JDimは拡張子と実際の画像形式が不一致のときに、画像が偽装されていると判断して モザイクで表示する。 これを指定すると、拡張子の偽装をチェックせず、モザイクで表示しない。
また、WebPやAVIFを表示できる環境ではwebサイトが元画像のかわりに送ることを容認する。(v0.5.0+)
$BREAK
正規表現に一致したら以降の判定を行わず、評価を終了する。
$THUMBNAIL
変換した後のURLが、動画投稿サイトなどのサムネイル画像として扱う。 画像表示設定でインライン画像を表示しているときに有効となる。

設定例

リファラURLを送信したり制御文字を有効にするには、変換後URLが正規表現に一致するように表現する。 変換後のURLを変換用の条件とリファラ用の条件を、2行に分けて書いてもよい。

1行でまとめて書く場合
http://www\.foobar\.com/(view/|img\.php\?id=)([0-9]+)	http://www.foobar.com/view/$2	$0	$IMAGE
2行に分けて書く場合
http://www\.foobar\.com/img\.php\?id=([0-9]+)	http://www.foobar.com/view/$1
http://www\.foobar\.com/view/([0-9]+)	$0	$0	$IMAGE
imgurの拡張子無しURLを画像リンク(jpg)にする
^https?://imgur\.com/([0-9A-Za-z]{7})$	https://i.imgur.com/$1.jpg		$IMAGE
imgurの画像URLは偽装チェックしない
^https?://i\.imgur\.com/([^#&=/]+)$	$0		$GENUINE